子育てのススメ

【補助輪不要】子供の自転車デビューのおすすめは”へんしんバイク”

へんしんバイク

こんにちは。カルタンです。

この記事では

  • そろそろ自分の子供に自転車デビューさせたいなぁ
  • まずは最近よく見るペダルなしの自転車がいいのかなぁ
  • ペダルなしの自転車を買った後に普通の自転車を買うのもお金かかるなぁ

とお考えの方に、バランスバイク(ペダルなしのもの)と自転車の切り替えが可能なへんしんバイクを紹介したいと思います。

僕の娘は実際にへんしんバイクを使って補助輪をつけることなく、自転車デビューすることができたので間違いなくおすすめできます。

へんしんバイクとは?

参考:へんしんバイク(公式サイト)

最近、公園で2~3才くらいの小さな子供がペダルなしの自転車に乗っているのを見かけませんか?

あれがバランスバイクやランニングバイクと呼ばれるもので、サドルにまたがり自分の足で地面を蹴って進むタイプのものです。

バランスバイクとしても遊べて、ペダルをつけることで自転車としても使用可能な二刀流タイプ、それが”へんしんバイク”です。

へんしんバイクは、「わずか30分で自転車デビュー!」が売り文句となっています。

へんしんバイクで自転車デビューするまでの道のり

へんしんバイクで自転車デビューするまでの道のりは以下の3Stepとなっています。

Step1:ペダルなしのバランスバイクとして思う存分遊ぶ!

Step2:バランスバイクで遊びながらブレーキの使い方を覚える!

Step3:ペダルをつけて自転車デビュー!

僕が子供のころは、自転車デビューといえばまず補助輪をつけて練習し、慣れてきたら補助輪を外してひたすら特訓!といった感じでした。

補助輪をつけている間は簡単なのですが、補助輪を外した途端の絶望感はみなさんなんとなく記憶に残っているのではないでしょうか。

それが当たり前だと思っていたのですが、へんしんバイクには補助輪で練習というStepが用意されていません。

もちろん付属品に補助輪なんてものはついていません。

どうして”へんしんバイク”は簡単に自転車デビューできるの?

自転車デビューの方法として、以下の3パターンがあるかと思います。

  1. 子供用自転車に補助輪をつけて、慣れたら補助輪を外す方法
  2. 軽量のバランスバイクに慣れてから、子供用自転車に乗り換える方法
  3. へんしんバイクを使用する方法

この3パターンについて簡単に説明していきます。

①子供用自転車に補助輪をつけて、慣れたら補助輪を外す方法

昔ながらの方法だと思います。

この方法は補助輪をつけている間は簡単に乗れるのですが、外した後の難易度が格段に上がり、絶望感を味わいます。

一般的な子供用自転車の重さが12~18kgと重いこと、長く使用できるように長いフレームと低いサドルのアンバランスさ、それらが合わさり補助輪を外すと絶望的な難易度となってしまいます。

補助輪を外した時の絶望感が恐ろしい

②軽量バランスバイクに慣れてから、子供用自転車に乗り換える方法

軽量のバランスバイクで思う存分楽しんだ後に、子供用自転車に乗り換える方法です。

バランスバイクの人気商品であるストライダーは、3kgととても軽量であり、対象年齢も1才半からととても小さい子供でも使用できます。

3kgのバランスバイクで慣れた後に、12~18kgの子供用自転車に乗り換えた場合、重量差でうまくバランスがとれず、怖くなり補助輪をつけてしまうケースもあるようです。

また、軽量バランスバイクはブレーキがついていないものも多く、足で止まる癖がついてしまい、自転車に乗り換えた後もその癖が抜けないこともあります。

バランスバイクと子供用自転車の重量差でバランスがとりにくい

③へんしんバイクを使用する方法

へんしんバイクは、まずバランスバイクとして遊びながらブレーキで止まる癖をつけて、慣れてきたらペダルをつける流れになります。

へんしんバイクの場合は、バランスバイクの状態で6kg、ペダルをつけた状態で8.2kgと重量差が少なく、乗りなれた車体なのでスムーズに自転車に移行することができます。

ペダルをつけても重量差が少なく、乗りなれた車体でスムーズに移行できる

へんしんバイクの値段、対象年齢は?

へんしんバイクは4~5才からの自転車デビューを目指した14インチのへんしんバイクの他、2才からの自転車デビューを目指した12インチのへんしんバイク2があります。

商品名タイヤサイズ対象年齢身長の目安
へんしんバイク14インチ4才~6才100~120cm
へんしんバイク212インチ2,3才~5才90~110cm

どちらも値段は22,000円(税込)で、公式サイトもしくは全国の自転車チェーン店で取り扱っています。

  • へんしんバイク、へんしんバイク2の購入はこちらの公式サイトからどうぞ!!

ちなみにバランスバイクのみ楽しめるストライダーの値段は14,850円(税込)となっており、へんしんバイクより安いですが、4,5才で子供用自転車に乗り換える必要があります。

へんしんバイクも7才くらいで子供用自転車に乗り換えが必要ですが、そのころには既にへんしんバイクで自転車の乗り方をマスターしているはずなので、少し大きめのサイズを選んでも問題ないのではないでしょうか。

へんしんバイクはamazonや楽天市場等では販売されていません

実際にへんしんバイクを使用した体験談

僕の娘は3才の誕生日にじぃじ、ばぁばからへんしんバイクをプレゼントしてもらいました。

プレゼント選びは僕に一任されたので、バランスバイクのストライダーと迷ったのですが、後々自転車に乗り換えることを考えると、お金もかかるしなぁと考え、バランスバイクと自転車の二刀流のへんしんバイクをお願いしました。

3才の時に乗せてみましたが、残念ながら身長が足らず、サドルを一番下げても背伸び状態でした。

その後は3才半くらいから足がつくようになったので、バランスバイクとして練習スタート!

しかし、バランスバイクの扱いはなかなかうまくいかなかった印象です。

我が子よりも小さい子がストライダーを乗りこなす様子を見て、ストライダーと比べて重いので扱いにくいのかなと思っていました。

それからちょこちょこバランスバイクを練習しましたが、スイスイ進むまではいかず。。。

4才半ごろにダメ元でペダルをつけてみようと、試したところ10分後くらいには10mくらいペダルをこいで進めるようになりました。

結果として、バランスバイクでぎこちないながら遊んでいたことでバランス感覚が掴めていたのかと思います。

それからは自信がついたのか、公園に行くたびに自転車に乗りたがり、ちょっとした買い物にも自転車で行きたがったりと完全にお気に入りです。

へんしんバイクで成功体験が得られ、自信がつき自転車に乗るのが大好きになりました。

まとめ

へんしんバイクについてまとめです。

  • へんしんバイクは、バランスバイクと自転車の二刀流!
  • バランスバイクで遊びながらブレーキの使い方を覚えられる!
  • ペダル着脱前後での重量差が少なく、スムーズに自転車デビューできる!
  • 成功体験が得られ、自信がつく!

以上、最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。

少しでもお子さんの自転車デビューの役に立ってもらえたらうれしいです。

ちなみにストライダーにもペダルを着脱できるストライダー14xというものが発売されていました。(参照:公式サイト)

へんしんバイクとペダルの着脱が可能なストライダー14xとの比較記事も書いてみようかと思うので、ぜひともお立ち寄りください。

それでは、またね!!

2021年9月9日:へんしんバイクとストライダー14xの比較記事を早速書いてみました。

へんしんバイクvsストライダー14x
【ペダル着脱OK】へんしんバイクvsストライダーx14を徹底比較子供の自転車デビューに役立つペダル着脱式のへんしんバイクとストライダー14xを比較した記事です。 子供の自転車デビューの参考になればうれしいです。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA